shade


エム・テクニック/分析機器のご紹介タイトル


←TOP PAGEへ戻る

研究開発
ナノ粒子の創製から分散技術まで
ULREAとは
ULREAの特徴
ULREAの実施例

テスト室のご案内
保有分析機器
実験のお申し込み
 

Page.1


 化学分析機器
走査透過型電子顕微鏡(STEM)

Scanning Transmission Electron Microscopy

 

◆概要:
プローブを試料上で走査し、透過してきた電子線で透過像を作り出すことで、対象物を観察する方法。ナノ粒子の大きさや形状、化学組成や元素配列や結晶性等の評価に応用。

 

◆測定対象:
各種ナノ粒子(合金、複合酸化物、有機物等)

 

◆仕様:
・原子分解能分析電子顕微鏡:
JEM-ARM200F(UHR) JEOL製
・BF/ABF/HAADF像 
・走査透過像: 200~150,000,000 倍
・透過顕微鏡像: 50~2,000,000 倍
・定性/定量/マッピング仕様

 

◆分析例:
・固溶体合金ナノ粒子、固溶体有機顔料ナノ粒子等の元素マッピング

走査透過型電子顕微鏡(STEM)
透過型電子顕微鏡(TEM)

Transmission Electron Microscopy


◆概要:
試料に電子線をあて、それを透過してきた電子が作り出す干渉像を拡大して観察する方法。
ナノ粒子の大きさや形状、化学組成や結晶性等の評価に応用。

 

◆測定対象:
各種ナノ粒子(金属、合金、酸化物、有機顔料、医薬品等)

 

◆仕様:
・透過電子顕微鏡:JEM-2100(HR) JEOL製
・エネルギー分散型X線分析装置:JED-2300
・観察倍率:2,000~1,500,000倍

 

◆分析例:
・ナノ粒子(粒子径、形状、結晶性等)

走査透過型電子顕微鏡(STEM)
走査型電子顕微鏡(SEM)

Scanning Electron Microscope


◆概要:
電子線を試料に照射し、対象物から放出される二次電子を検出する事で観察する方法。
微粒子の大きさや形状、表面状態や凝集状態等の評価に応用。

 

◆測定対象:
各種微粒子(金属、合金、酸化物、有機顔料、医薬品等)

 

◆仕様:
・走査型電子顕微鏡:JSM-7500M JEOL製 観察倍率: 25~1,000,000倍
・走査型電子顕微鏡:SS-550  島津製作所製 観察倍率: 20~300,000倍

 

◆分析例:
・ナノ~マイクロ粒子(粒子径、形状、表面状態、凝集状態等)

 

JSM-7500M SS-550
JSM-7500M SS-550

Page.2


核磁気共鳴装置(NMR)

Nuclear Magnetic Resonance

◆概要:
外部静磁場に置かれた原子核が、固有の周波数の電磁波と相互作用する現象を応用して、対象元素(原子)の存在環境を分析する装置

 

◆測定可能元素:
測定可能元素(共鳴周波数順)

 

◆仕様:
・400MHz溶液NMR装置:JNM-ECS400 JEOL製

・5mmFG/THオートチューンプローブ搭載

 

◆分析例:
・有機化合物の同定他、溶液中での分子・原子の状態

核磁気共鳴装置(NMR)
 
誘導結合プラズマ発光分析装置( ICP-OES)
Inductively Coupled Plasma - Optical Emission Spectroscopy

 

◆概要:
誘導結合によって発生させた高温プラズマに溶液試料を導入して、励起されて得られた原子発光スペクトルを測定することにより、元素の種類や量を測定する方法。ナノ粒子粉体の元素分析や、不純物分析等の評価に応用。

 

◆測定対象:
各種ナノ粒子粉体(金属、酸化物、有機物等)

 

◆仕様:ICPS-8100 島津製作所

 

◆分析例:
・固溶体合金ナノ粒子元素分析、固溶体有機顔料の元素分析、ナノ粒子におけるドープ元素の濃度測定、不純物分析

 

 

誘導結合プラズマ発光分析装置( ICP-OES)

Page.3


X線回折装置(XRD)new

X-ray Diffraction

 

◆概要:
一定波長のX線を試料に照射し、散乱したX線の回折パターンから、物質を構成している成分の格子定数を測定する方法。ナノ粒子粉体の同定や、結晶性・配向性、歪み等の評価に応用。高温アタッチメントを用いることにより、試料を加熱しながら、最高温度 1200℃までの測定が可能。小角散乱を測定することにより、1 nm ~ 100 nm までの粒子径分布解析が可能。

 

◆測定対象:
各種微粒子(金属、酸化物、有機物等)

 

◆仕様:
・X線回折装置:
EMPYREAN スペクトリス製

 

◆分析例:
・結晶型の同定、結晶性評価、結晶子径測定

 

X線回折装置(XRD)
ガスクロマトグラフィー(GC)

Gas Chromatography


◆概要:
クロマトグラフィーの一種。気化しやすい化合物の同定・定量に用いられる機器分析の手法。サンプルと移動相が気体。有機化合物の同定や原料残存率、等の評価に応用。

 

◆測定対象: 有機化合物

 

◆仕様:
・ガスクロマトグラフ:
Agilent 7890A  アジレントテクノロジー製

 

◆分析例:
・有機化合物の同定、原料残存率、不純物同定、溶媒混合比測定

 

ガスクロマトグラフィー(GC)
高速液体クロマトグラフィー(HPLC)

High Performance Liquid Chromatography

 

◆概要:
・カラムクロマトグラフィーの一種。移動相として高圧に加圧した液体を用いる方法。
物質の純度測定・濃度測定等の評価に応用。

 

◆測定対象:医薬品、有機化合物等

 

◆仕様:
・SIL-10AD LC-10AT FCV-10AL DGU-12A   
SCL-10ASCL-10A CTO-10AC
・蛍光検出器
島津製作所製

 

◆分析例:
・有機化合物の同定、原料残存率、不純物同定、溶媒混合比測定

 

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)

Gel Permeation Chromatography

 

◆概要:
分子サイズの差に基づいて分離を行なう液体クロマトグラフィーの一種であり、高分子物質の分子量分布、および平均分子量分布を測定する手法。

 

◆測定対象: 高分子化合物

 

◆仕様: Prominence GPCシステム  島津製作所製

 

◆分析例: ・分子量測定

ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)

Page.4


フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)

Fourier Transform Infrared Spectroscope


◆概要:
・物質に赤外線を照射し、透過光(あるいは反射光)を分光することでスペクトルを得て、対象物の特性を知る方法。
・粉体や液体の分子構造解析に応用。

 

◆測定対象:
・各種粉体(金属、酸化物、有機物等)
・溶媒及び溶液中の溶質

 

◆仕様:
・フーリエ変換赤外分光光度計:
FT/IR-4100 日本分光製

FT/IR-6600FV 日本分光製

 

◆分析例:
・化合物の同定、未知物質の同定

 

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)
フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)
示差走査熱量計(DSC)

Differential Scanning Calorimeter


◆概要:
・一定の熱を与えながら、基準物質と試料の温度を測定して、試料の熱物性を温度差として捉え、試料の状態変化による吸熱反応や発熱反応を測定する方法。
・溶融のような単純な熱による状態変化の反応だけでなく、相転移、結晶化などを把握することが可能。

 

◆測定対象:高分子、有機化合物、金属、酸化物

 

◆仕様:示差走査熱量計: DSC-60 島津製作所製

 

◆分析例:
・融点、沸点、結晶転移温度などの測定、結晶多形の評価

 

示差走査熱量計(DSC)
高温型示差走査熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)

Thermogravimetry / Differential ThermalAnalysis

 

◆概要:
・熱重量測定(TG)では、試料を加熱しながらその重量変化を連続的に測定。示差熱分析(DTA)では、熱的に安定な標準物質とともに試料を一定速度で過熱したときの両者の温度差の変化を測定。二つの装置を組み合わせて同時に測る方法。

 

◆測定対象:高分子、有機化合物、金属、酸化物

 

◆仕様:
・高温型示差走査熱熱量同時測定装置:
TG/DTA6300 SII 製

 

◆分析例:
・熱分解、酸化分解、酸化、昇華・蒸発、融解、結晶化、ガラス転移などの評価

 

高温型示差走査熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)

Page.5


紫外可視近赤外分光光度計(UV/Vis/NIR)

UV-Visible-Near Infrared Spectrophotometer

 

◆概要:
・紫外可視近赤外領域における特定波長の光に対する吸光度・透過率・反射率を測定が可能。
また紫外可視領域においては、XYZ、L*a*b*等の各種表色系の色彩計算が可能。


 ◆測定対象:
・各種粉体(金属、酸化物、有機物等)
・各種分散液


◆仕様:
・紫外可視分近赤外分光光度計: V-770 日本分光製:測定範囲190~2700nm


紫外可視近赤外分光光度計(UV/Vis/NIR)
紫外可視分光光度計(UV)

UV-visible absorption spectrophotometer

 

◆概要:
・紫外可視領域における特定波長の光に対する吸光度・透過率を測定。溶液中の物質濃度や、吸光係数などを定量することに応用。

 

◆測定対象: ・医薬品、有機顔料、分散剤

 

◆仕様:
・紫外可視分光光度計:
UV-2450 島津製作所製

 

◆分析例:医薬品の吸収波長、色材評価

 

紫外可視分光光度計(UV)
蛍光分光光度計

Fluorescence Spectrophotometer


◆概要:
・紫外光や可視光によって励起された蛍光化合物が、基底状態に戻る過程に光放射する現象を分析。蛍光だけでなくリン光測定が可能。
・蛍光化合物だけでなく、ナノ粒子化することによる蛍光特性の発現の確認などに応用。

 

◆測定対象:
・有機化合物、金属、酸化物、各種ナノ粒子

 

◆仕様:
・蛍光分光光度計: FP-6500 日本分光製 

◆分析例:YAGナノ粒子、有機顔料

 

蛍光分光光度計

Page.6


粒度分布計

Particle Size Distribution


◆概要:測定機器毎に、測定方式、測定範囲が異なる。

 

◆測定対象:各種乳化・分散液

 

◆分析例:微粒子分散液(金属、医薬品、顔料、食品)

 

マイクロメートルサイズの粒度分布計
◆装置:SALD-7000 島津製作所製
◆測定原理:レーザー回折・散乱法
◆測定範囲:0.015~500 μm
◆その他:超音波処理機能付き
◆装置:MT3300EX 日機装製
◆測定原理:レーザー回折・散乱法
◆測定範囲:0.02~2800 μm
マイクロメートルサイズの粒度分布計 マイクロメートルサイズの粒度分布計
ナノメートルサイズの粒度分布計
◆装置:ナノトラッククUPA-UT151 日機装製
◆測定原理:動的光散乱方式
◆測定範囲:0.8~6500nm
◆装置:マイクロトラックUPA-150 日機装製
◆測定原理:動的光散乱方式
◆測定範囲:3~6000 nm
ナノメートルサイズの粒度分布計 ナノメートルサイズの粒度分布計
光学顕微鏡

Optical Microscope


◆概要:顕微鏡毎に、観察倍率が異なる
◆測定対象:各種微粒子粉体、微粒子分散液

◆分析例:乳化・分散液中の微粒子、微粒子粉体

 

◆装置:

システム生物顕微鏡(位相差顕微鏡)
BX51 OLYMPUS製
◆観察倍率:150~1500倍

◆装置:

デジタルマイクロスコープ
VHX-200 キーエンス製
◆観察倍率:500~5000倍

光学顕微鏡 光学顕微鏡

Page.7


カールフィッシャー水分計

Karl Fischer Moisture Titrator

 

◆概要:
・滴定セルのカールフィッシャ試薬が、メタノールの存在下で水と特異的に反応することを利用して、物質中の水分を定量。

◆測定対象:有機溶媒、粉体

 

◆仕様:
・ カールフィッシャー水分計:MKC-610
・水分気化装置: ADP-611  
京都電子工業製                 

 

◆分析例:
・ナノ粒子粉体中、有機溶媒液中等の水分

 

カールフィッシャー水分計
ゼータ電位計

Zeta Potential Analyzer

 

◆概要:
・液体中の粒子表面に発生する電気二重層のすべり面の電位(ゼータ電位)を測定。粒子間の反発力の評価に応用。

 

◆測定対象:微粒子分散液(水系、有機溶媒系)

 

◆仕様:Zeta PALS  BROOKHAVEN INSTRUMENT 日機装製                  

◆分析例:各種微粒子の乳化・分散液

 


ゼータ電位計

Page.8


パーティクルカウンター

Particle Counter

 

◆概要:
・気体、又は液体(純水、有機溶剤)中の粒子の個数を計測

 

◆測定対象:
・液体用:水、有機溶媒
・気体用:

 

◆仕様:
・ 液体用:KS-65 リオン製
測定可能粒子径範囲:2μm ~ 100μm 
・気体用:HHPC-6 ハックウルトラ製

 

測定可能粒子径範囲:
0.3 μm 以上、 0.5 μm 以上

0.7 μm 以上、 1.0 μm 以上

2.0 μm 以上、 5.0 μm 以上                 

 

◆分析例:
・液中の不溶性微粒子個数測定
・クリーンルーム管理

パーティクルカウンター液体用 パーティクルカウンター気体用
パーティクルカウンター液体用
高速度カメラ

Digital high speed camera

 

◆概要:
・最大210,000コマ/秒の撮影が可能。流体の流れ解析に応用。

 

◆測定対象:各種装置、流体

 

◆仕様:
・ MEMRECAM Fx6000 
512×512ピクセル      ナック製                  

◆分析例:撹拌処理における流れ解析

 

高速度カメラ
卓上型超遠心機

Ultracentrifuge


◆仕様:

卓上型超遠心機  Optima MAX-XP   
BECKMAN COULTER製
最大遠心力 100万G・最高回転数150,000rpm

 

◆実験例:分散液中の微粒子回収等

 

◆処理量:2.0ml×8本



卓上型超遠心機